Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/comp-arch-letters.org/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
油断大敵スキミング!知らぬ間にキャッシングされちゃうなんて怖い! | お金を貸してくださいと泣く前に見るサイト【金欠さんいらっしゃい】

知らぬ間にキャッシングされるスキミング

油断大敵スキミング!知らぬ間にキャッシングされちゃうなんて怖い!

スキミングという言葉を聞いたことはおありでしょうか。クレジットカードやキャッシュカードのデータを盗み、勝手に利用してしまう犯罪です。カード自体を盗むわけではなく、データだけを盗むため、盗まれた側としては、全く気付きません。不正に使用されて初めて被害に気付くのです。非常に悪質な犯罪ですね。

このスキミングがどのようになされるのかというと、まずスキマーという小さな機械によって、カードの時期に書き込まれたデータを読み取って記録します。そして記録したデータをデータの入っていない空のカードに書き込み、不正に利用するのです。このスキマーというのは、店舗などでカードを読み取る機械や、キャッシュディスペンサーなどに取り付けられている場合もあれば、犯人が携帯したまま使用する場合もあります。

機械などに取り付けられている場合は、データはたくさん盗めるものの、後で回収しなくてはなりませんから、盗む側にもリスクがあります。こうしたスキマーを避けるには、なるべく海外などではキャッシングしないことです。そして店舗などで利用する場合は、なるべく読み取りの機械をチェックすること、そして目の前でカードを読み取ってもらうことです。

しかし、さらに油断ならないのが、ロッカーなどから一瞬だけカードを抜き取って、データを盗む場合や、衣類や鞄の外からかざして盗む場合です。これらを避けるのにも限度がありますね。出来るだけ海外などでは、肌身離さず持っていることしか、対策はないでしょう。ただし、会員番号や口座番号は盗まれても、暗証番号がわからなければ被害には遭いません。出来るだけ分かりにくい暗証番号にしておくこと、また機械の操作時には手元を隠すなどの工夫で、スキミングの被害を防ぐことも出来るでしょう。

知らないうちにキャッシングされてしまうことがないよう、クレジットカードやキャッシュカードの保管には十分気を付け、スキミングの被害に遭わぬよう気を付けましょう。